デイサービス事業

日常生活動作の向上を図るとともに、利用される方の意思及び人格を尊重して常に利用される方の立場に立った支援の提供につとめます。

【1日の流れ】

9:40 送迎車到着
9:40 ~バイタルチェック・水分補給
10:30 ~午前の活動
12:00 ~昼食
昼食後 休憩、口腔ケア
13:30 ~午後の活動
15:00 ~帰宅準備・水分補給
15:40 送迎車出発、帰宅

・サービス内容

給食サービス、送迎サービス、日中活動(ストレッチ、染め物、園芸、スヌーズレン、音楽療法、周辺散策、外出など)入浴サービス、相談及び援助

・対象者

山科・伏見区(一部地域除く)の主に身体障害のある18歳以上の方

・定 員

榎の家:20名  さくらの家:20名

・サービス提供時間

月~金(祝日除く)9:40~15:40

・研修、他機関との連携等

職員研修
新任職員研修
法人職員研修(年5回程度)
社会福祉協議会等が開催する研修会
関連事業所との交流実習
総合防災訓練(年2回)


【京都市生活介護等事業連絡協議会】
【京都市南部・東部障害者自立支援協議会】
【協力医療機関:医療法人社団神野医院】

榎の家

榎の家

ご利用者と職員との配置は1対1の支援をめざします。グループ活動では、個々の特性をいかすことができるよう、また、楽しく活動的に過ごせるように利用される方それぞれに合ったプログラムの提供を行っています。定期通院や機能訓練に行かれる際には、職員が同行し、情報の収集、確認、並びに職員への周知に努めます。
福祉サービス等第三者評価受診(平成26年11月10日) 第三者評価結果pdf

榎の家
榎の家
榎の家
榎の家

サービス管理責任者
平井健二郎

デイサービスえのきの家の特徴

重度の障害のある方が多いので、バイタルチェックなどの医療的ケアには常勤ナースの指導のもと、細心の注意を払っています。また、通院やリハビリに同行させていただき情報共有をおこない、今後の支援に活かしていきます。

日々、心掛けていること

明るい雰囲気を大切にして、利用されている方と一緒に楽しい時間をすごしたいと思っています。また、職員が気持ちよく働ける職場環境づくりを心がけています。

仕事のやりがい

利用されている方だけでなく、ご家族とも多くのかかわり合いを持つ職場です。
ご家族からのご相談などをとおしてより深い関係性をきずき、利用されている方、ご家族の両者に満足してもらうことが、私のやりがいです。

さくらの家

さくらの家

利用される方のニーズに対応し、それぞれの障害特性を考慮した活動を行います。地域交流の場としてポスティングやアルミ缶リサイクル活動を通じて地域住民のニーズを探り、社会参加につなげていきます。

さくらの家
さくらの家
さくらの家

サービス管理責任者
奥村千鶴

デイサービスさくらの家の特徴

利用されている方々に適した活動内容を用意し、手先を使って活動できる方には陶芸や紙漉きなどを、重い障害のある方には、五感を刺激し感触や香りを楽しんでもらうために小麦粉粘土の感覚遊びや入浴剤作りを取り入れています。また、2ヶ月に1回は動物園やイオンモールへ行くなど、外出の機会を設けています。

日々、心掛けていること

利用されている方の体調面だけではなく、精神面でのフォローも大切だと思っています。言葉が話せない方もいるので、些細な様子の変化に気づくことを心掛けています。

仕事のやりがい

利用されている方と関わりを継続するなかで、笑顔がみられ、楽しまれている姿を見たときに嬉しい気持ちになり、さらに頑張ろうと思えます。少しでも多くの楽しみを提供できるように、日々、活動内容の改善等に努めて行きたいと思います。

ページの先頭へ