理念

“重い障害があっても地域での当たり前の暮らしをめざして”

障害のある人が、必要な支援を受けながら、住みなれた地域(まち)で、当たり前に暮らしていける社会、すべての命が大切にされる社会こそ、真に豊かな社会です。こんな社会を目指していくことを基本理念とします。

ご挨拶

理事長
古川末子

 1985年頃、障害の重い人たちは、施設入所が一般的で、あとは、親が自宅で一生介護を続けるという形でしか、生きていく場所はありませんでした。
 障害はあっても楽しい人生であってほしいとの願いから、「榎の会」を立ち上げ、将来の自立に向けて、親子で宿泊訓練を始めました。宿泊訓練の傍ら、ボランティアらと共に季節ごとの行事や、福祉に関する学習会、重い障害のある人の将来の暮らし方についても学びました。
 ノーマライゼーションの考え方が広まり、これまで語られなかった「障害のある人が地域で当たり前に暮らすこと」。これを実現するために他府県の施設見学等も行い、親たち自ら、今、何をしなければならないかを話し合いました。
 何度も壁にぶち当たり、歳月を要しましたが、障害のある人が地域で生きていくための事業を、小さいながら立ち上げることができました。
 現在、えのき会の職員により、障害のある人や家族の暮らしを、さまざまな形で支えられていることが、一つの安心に繋がっています。

明日へ

 えのき会は、今日まで、数えきれない程多くの方に支えて頂きました。心より感謝申し上げます。
 そこで、今度は、私たち「えのき会」が、これに応える番が来たように思います。
 障害のある人はもちろんの事、高齢の方、ちびっこや学童たち、年齢や障害のあるなしで分け隔てるのではなく、「えのき」を必要とする人たち誰もが利用できる場所として、そして、支援を必要とする人たちへ、ユニバーサルなサービスの提供できる法人でありたいと思います。
 これが、私たちの望む「地域」であり、「地域で暮らす」ことの意味なのかもしれません。
 「困ったら、うちに、おいでよ~!」と‥。

ページの先頭へ