沿革・あゆみ

1985 伏見区榎町の無償で提供された1軒の家から活動が始まる
京都市立呉竹養護学校(現・呉竹総合支援学校)に、子どもを通わせている親たちが借家に集まり、クリスマス会、学習会、時々お泊り会など単発的に利用。
1987 呉竹養護学校に在籍している保護者、児童・生徒、に呼びかけ試行的に宿泊を始める。
1988 9月 任意団体の「榎の会」正式に発足
10月 本格的に宿泊訓練をスタートさせる
呉竹養護学校の生徒が、母親の入院でショートステイ(当時:緊急一時保護預かり)を利用した、その日に亡くなるということがあり、重度の障害のある子の自立とは、親以外からでも介護を受けられる事や自宅以外でも寝ることができる訓練等が大切である事を学び、宿泊訓練を始める。
1軒目の「借家」を出ていくことになり、移転先を探す。


1989 4月 山科区の民家に移転
呉竹養護学校の保護者有志より、1年の期限付きで借り宿泊訓練を再開。
1990 1月 伏見区稲荷の借家に移転
明け渡しまでの5年間、宿泊訓練を継続して行う。
1995 5月 京都市身体障害児者父母の会連合会が運営する「じゅらく共同作業所(当時)」を、土・日の週末のみ間借りし、宿泊訓練を再開。
地域生活を支援する「えのきの家」としてスタート。
京都市の補助金を受けることになり、デイプログラムも始める。
10月 夕食・入浴サービスを開始
養護学校→放課後「えのきの家」→近くの銭湯・出前の夕食→帰宅
1996 1月 伏見区に「榎の家」の建設を計画
引越し家探しを数回繰り返し、活動の中止か継続かで悩む。『何かの形になるまでは』という会員(親)の強い意志のもと活動を継続。家探しで、困窮しているのを見た西川孝氏より土地を無償提供して頂き、親たちの力で家を建設しようと決断。皆で出し合ったお金を資金にして建設準備始める。
6月 建設に向けて募金活動の開始
街頭募金、物品販売、バザー、寄付集めなどに奔走。
1997 5月 「榎の家」完成
多くの人の協力で家が完成。拠点ができて「地域で生きる」という当初の願いに向け、一歩を踏み出す。
10月 『京都市身心障害児者レスパイトサービス事業』
京都市で最初に指定を受ける。
2000 2月 特定営利活動法人えのき(NPO法人)設立
無認可団体から念願の法人格(NPO法人)を取得。
2001 5月 京都市上京区に「サポートセンターめい」開所
2003 4月 支援費制度による居宅介護等事業の指定事業所になる
「サポートセンター榎の家」/「サポートセンターめい」 
2005 12月 社会福祉法人えのき会 設立
事業を行う上で、より盤石なものにとの考えで社福法人を設立。
2006 4月 障害者自立支援制度による障害福祉サービス事業を行う
2007 3月 えのき会発足20周年・社会福祉法人設立記念式典開催
2009 5月 「榎の家」増築/グループホーム「ハックベリー」建設
最初に建設した「榎の家」が手狭になったことや、これまで頑張ってきた親も高齢になり、親亡きあとが現実味を帯びてきた事、念願だった「重い障害があっても、地域の中で当たり前の暮らし」を実現するため「榎の家」の横の土地を寄付して頂き、「榎の家」の増築と、新しくグループホームを建設。

2013 4月 「さくらの家」(デイサービス)/「ベル」グループホームの建設
2カ所目の生活介護事業所「さくらの家」と、グループホーム「ベル」が完成。2カ所目のグループホームも、親亡き後も長く地域で暮らし続けていけることを願って建設。デイサービスでは、総合支援学校を卒業する人や地域で暮らす障害のある人にも利用の枠が広がっていく。
2014 3月 特定相談支援事業 開設
2016 4月 放課後等デイサービス「そらまめ」開設(サポートセンターめい)
ページの先頭へ